婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト
Vol. 0474

亡き妻を思うと自分の気持ちにストップがかかってしまうのです…

男性 恋愛相談

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 恋愛相談 > 亡き妻を思うと自分の気持ちにストップがかかってしまうのです…
Vol. 0474
亡き妻を思うと自分の気持ちにストップがかかってしまうのです…
男性

40過ぎの男がこんなところに相談するのもおかしなことだと思っていたので、今まで投稿しませんでした。
私は26の時に5歳上の女性に出会ってまもなく強烈にプロポーズ(というか強引説得)し結婚致しました。
私はベンチャービジネスの経営者でした。
彼女との夫婦の営みは申し分なく喜びに満ちたものだったのですが、何分忙しかったため、6年目にしてようやく子供を授かりました。
ところが、その後二人目が生まれてまもなく、彼女は病死しました。
それからというもの、妻を亡くしたショックと子育てに追われる現実の中で、自分の経営していた会社を手放していたこともあり、経済的に安定していなかったことから結婚相手を探そうともしていなかったのが現実です。
これがトラウマになり、その後結婚とか女性と付き合うことがなんとなく空しくなっていたためか、異性とは縁が全くありませんでした。
でも2年前に前職場である女性に出会った時に今まで硬く閉ざしていた気持ちが突然開放され、その女性と結婚したいと思いました。
でも、彼女に亡き妻の陰影を見出そうとしていたのは事実ですし、9歳年下(妻とであった年齢)の彼女にはお付き合いしている彼氏がいたこともあり、私自身はっきりとプロポーズしませんでした。
去年離職し、現在全く新天地で仕事をこなしながら、やはり彼女とのことを時々考えてしまいます。
今幸せにがんばっているんだろうかなどと。
そして、今後の子供たちと自分のことを考えるとやはりもう一度、結婚したいという気持ちになります。
ただ、どうしても亡き妻の陰影を追いかけそうになる自分をどうにかしないと結婚もできないと思ってます。
自分ではどうしたらいのかわかりません。良いアドバイスお願いします。

この質問に関する回答

愛する妻が亡くなって、その後、自分で何でも背負ってしまったためそれがトラウマになってしまったようですね。
責任感がむしろ災いしてなんでも背負い込むことは、異性関係以前に、自分のストレスを強くします。
どうか、子育ては、友人や自分の母親に強力を頼んだり、また公的な保育体制などをうまく活用したりして軽減するようにしてください。
そうでないと、子どもたちのことを考えての再婚、という気持ちが強くなり、新しい女性にとっても、子どものために結婚したがるのか、と思われ、女性側の腰が引けることにもなりかねません。
彼女のことが忘れられないなら、連絡をとり、付き合いたいと言ってはいかがですか。
その時に、自分の正直な気持ちを話すことです。
相手がその気がなければしかたありませんが、こちらに耳を傾けてくれるようなら、亡き妻のこと、子どものことも正直に話してみましょう。
男性はとかく、すべて揃ってこそ、女性に告白できると考えがちですが、自分の弱さを話してみることもとても大事です。
人間ですから誰も完全ではありません。
もしかしたら、彼女の側もそうかもしれませんよ。
あなたの相談を読んでいて、気になるのは、相手の方にむしろ遠慮して、自分の本当の気持ちを伝えていないし、彼女の気持ちも聞いていないのではないかということです。
人間は誰でも弱さをもっていますし、その弱さを介在し、互いにベストな形で補いながら生きていけるとしたら、それはすごく幸せなことです。
結婚云々より、まず、彼女と再会して、話してみてはいかがですか? 
どういう結果が出るか分かりませんが、行動して後悔するとしても、行動しないで後悔するより、自分の道が見えてくると思います。
まだ40代に入ったばかりです。
これからが、男性にとって迷いの多い時期でもあり、またもっとも魅力的になれる時期でもあります。
生きなおすつもりで、まず、思うところを静かに彼女に伝えてみてはどうでしょう。
恋のビタミンでは「あなたの隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手のタイプ」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
サンマリエ
回答者:サンマリエスタッフ

結婚情報サービス・サンマリエのベテランスタッフ。
日々多くのカップルを見届けている、いわば『恋のプロフェッショナル』。長年たくさんの会員さんの恋の悩みにお答えしてきたノウハウを存分に活かし、あなたのご相談に親身にお答えいたします。

人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!