婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト
Vol. 0077

好きだった人と一緒に住んでいますが、恋愛の対象外と言われて…

女性 恋愛相談

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 恋愛相談 > 好きだった人と一緒に住んでいますが、恋愛の対象外と言われて…
Vol. 0077
好きだった人と一緒に住んでいますが、恋愛の対象外と言われて…
女性

ずーっと好きだった人と、成りゆきとはいえ一緒にすむことになりました。肉体関係もあり、好意の言葉も聞いています。ですが、ある日なんとも思っていない。恋愛の対象にはならない。と言われました。家を出て行こうにも、行くあても、お金も無いので毎日息苦しい生活です。子供の頃に男性に性的虐待を受けていて、この人なら全て受け入れてくれると、委ねていただけに、男の人が気持ち悪くてしかたありません。どうしたらいいでしょう。

この質問に関する回答

「委ね」ちゃダメです。他人なんだから。恋人どうしでも夫婦でも「全て」を委ねては破綻が来ます。相手の男の人は、相手に委ねすぎるあなたがイヤになったのだと私は思います。昔、私が男に振られたとき、「一方的に与える関係は辛い。お金も時間も僕はあなたのために使いすぎた」と言われました。その時は反発を覚えましたが、今は彼の言うことも分かります。男の人は親じゃないんだから、あまりに全面的に頼ってくる女性は重いですよ。まずは自分の生活を自立させることを考えてください。
 とはいえ、性的に虐待を受けたり、幼い頃、親の愛を得られなかったと感じている人は、「この人なら!」と自分を無条件に受け入れてくれる人が欲しくて、そういう対象を見つけると、「これが全て」とばかり依存していまいがちですよね。たとえば『源氏物語』の浮舟は、父親には認知もされず、母親には「せめてこの子だけは」と、自分の夢を押しつけられて、つまり親に歪んだ愛情を注がれて育ちました。そのため母親公認で薫という自分の身分以上の男の愛人になるのですが、放置された隙に、匂宮に犯されてしまいます。が、彼女は寂しさのあまり、自分を強姦した匂宮に惹かれてしまい、関係を重ねてしまう。それがパトロンの薫にばれ、自殺を図るのです。この浮舟は、命を救ってくれた僧尼に、「自分は生きていても価値のない“不用の人”だ」と言います。自殺という、貴族にあるまじき過激な方法を浮舟が選んでしまったのは、自分を“不用の人”としか感じることができない育ち方をして、自分に自信がもてなかったんですね。そして男の人との関係を人生の「全て」と勘違いしてしまった。でもそんな浮舟も僧尼に命を助けられ、出家を遂げて、「これで男とつきあわなく済む」と思ったところで、やっと魂が救われます。
 男の人が気持ち悪いなら、つきあわないようにすればいいのではないでしょうか。今はとにかくアルバイトでも何でも、あなたができることをして現金を稼ぎ、経済的自立を図ることが肝心です。そうすれば、おのずと精神的な自立の道も、少しずつ開けてくるでしょう。
恋のビタミンでは「あなたの隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手のタイプ」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
サンマリエ
回答者:サンマリエスタッフ

結婚情報サービス・サンマリエのベテランスタッフ。
日々多くのカップルを見届けている、いわば『恋のプロフェッショナル』。長年たくさんの会員さんの恋の悩みにお答えしてきたノウハウを存分に活かし、あなたのご相談に親身にお答えいたします。

人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!