婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト
Vol. 0162

バツイチの私。婚約者が外国人でちょっと不安…

女性 恋愛相談

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 恋愛相談 > バツイチの私。婚約者が外国人でちょっと不安…
Vol. 0162
バツイチの私。婚約者が外国人でちょっと不安…
女性

私は現在海外に住んでいます。婚約者が外国人のため、数ヶ月前に彼の国に引っ越してきました。彼とは3年前にこの国で知り合い、半年ほど一緒に暮らしてから遠距離恋愛になりました。その時はもう終わってしまうんだろうと思っていたのですが、彼の努力のおかげで今まで続いてきました。ただし、私は遠距離恋愛中、日本の方でいい人がいればと相手を探し、1人の方と半年間ほどお付き合いしていました。その人とは結婚を決めるのに何かが足りなく、結局私はこの国に来る事を決めました。実際のこちらでの生活は、わくわくする事もなくまるで家族と暮らしているようなどこか冷めた生活をしています。喧嘩も多く、私がいらいらしている事も多く、私にはこんなに感情的な面があったんだと驚いています。私はかつて結婚経験があり、当時の旦那とは8年ほど一緒に住んでいましたが、その間ほとんど喧嘩をする事がなく穏やかに過ごしてきました。日本の彼とも喧嘩をする事もなく楽しく過ごしてきました。彼と私の性格は似ているところがあって、二人とも何か不満な事があると黙ってしまうところが原因しているのかもしれません。ただ、今更日本に帰るといっても、仕事も生活も終止符をうってきたわけですから、また始めるのは容易ではありません。しかも、周囲の人に祝福されてきたので”まただめだったの”と思われるのも辛いのです。彼との将来にかすかな希望がないわけではないのです。彼と私の小さい頃からの夢が同じで、それをかなえるためにがんばっているのです。まだ、この生活を始めて数ヶ月、決断を下すのにもう少し時間があります。どうか良きアドバイスをお願いいたします。

この質問に関する回答

<かおり>
相手の方がどちらの国の方なのか?分かるともう少し適切なお話ができるのですが...あなた自身、32歳、結婚の経験があり、結婚生活の善し悪し、お互いのニーズ等、現実的によく分かっていらっしゃるようですね。そして、あなたは行動的な方のようですから、今の自分(イライラ・喧嘩になる等)は、『自分という存在がなんなのか?』多分、そちらでは仕事もあまりされていないと思いますし、しかもあなたは外国人です。刺激のない毎日や中途半端な生活に苛立ちが増しているのではないですか。前夫とは、穏やかだったようですが離婚した訳で、喧嘩をしないからといってうまくいくという訳でもないのです。あなたが喧嘩といっていますが、本当に喧嘩なのでしょうか?喧嘩ではなく討論(ディベート)と考えると良いかもしれませんね。感情的でなく論理的に話をすすめることができず、相手を納得させられず苛立つのではないでしょうか。極端な例で言えば子供がほしいものが手に入らない時、泣いたり・騒いだりします。人間、自分の思い通りに事が進まないと何らかの反応が出るものですからあなた自身も自己分析をしてみてください。あなたのお付合いのスタイルを考えると、多分本音で話し合う事を避ける方が楽と考えていませんか。日本人同士の付合いでは、付き合い年数が長いのに本当のところ相手を理解していないケースが多いことにビックリします。『コミュニケーションの質』の向上を考える事もお勧めします。
私(かおり)自身は、エドワードと結婚する前の頃、人との会話にあまり悩むことはありませんでした。しかし、エドワードとの会話の質はそれまでの日本人に対する通常のスタイルと違いがあることに気づき悩みました。エドワードは、お互いの気持ちや考え方をあやふやにしません。とことん、納得がいくまで、そして、私が物事に対しての本心や考えをハッキリと言葉で表現できるまでゆっくりと時間をかけてくれました。はじめは、日本語で話しているのになぜこんなに『話す』ことがむずかしいのか?と考えたものでした。日本のスタイルでは、自分の考えや思いを言う前にまず、『相手にどう思われるか?』が先にきますよね。それは、それでいいのですが、全てにおいてそのようになると自分というものが見失われるように思います。『こんな自分に驚いている』とありましたが、外国人と結婚、海外での生活を考えた時点で、日本人の男性との付き合いのスタイルとは大きく違うのだと自分を変えることも考えてください。また、結婚を前提に彼の国にいらっしゃるということで、どこか『どうせ結婚するんだから』というような考えがお互いもしくは、あなたにあるのではないでしょうか?やはり、コミュニケーションです。あなたが今感じている事を相手に理解してもらうことです。『このままで結婚してしまったら、さらに冷めた関係になるようで不安です。』というようなところからでも話し合ってみたらどうでしょうか。日本人の男性との会話では、『そんなことないよ』で終わってしまうかもしれませんが、多くの外国人との国際結婚では、話し合いが成り立つはずです。そういった姿勢での付き合い方に努力をしても、何も変わらず悪化するようであれば、日本での体裁など考えずに一番良い結論を出すべきです。その選択が日本に戻ることになるとしても。
<エドワード>
その結論を出すために『プラス&マイナス法』をお教えしましょう。紙の左半分にプラス項目/右半分にマイナス項目とし、プラス事項として、彼との付き合い/結婚について良い面・成長できる面などを書き出し、マイナス事項としてこの付き合いで不満なこと・問題点などを書き出します。
それらの項目を冷静に分析して将来を考えてください。紙面に書き出すことで今の自分の状態をより客観的に判断できる利点があります。そして、同じことを繰り返し考えることも少なくなり全体的にまとめて見ることができます。
<かおり>
あなたも32歳ということで、結婚したら子供を持つことも考えにあると思いますが、『この結婚ならば大丈夫だ』という確信を持ってから子供を持つことをお勧めします。ご自分の方向性がハッキリしていない時に子供を持つと(それも純日本人でないダブル/ハーフの子供)自分の事だけでなく、子供の成長・考え方に大きな影響を与え、結果的にあなたが苦しむことになります。結婚前に問題点となりそうな事は率直に話し合ってください。
恋のビタミンでは「あなたの隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手のタイプ」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
サンマリエ
回答者:サンマリエスタッフ

結婚情報サービス・サンマリエのベテランスタッフ。
日々多くのカップルを見届けている、いわば『恋のプロフェッショナル』。長年たくさんの会員さんの恋の悩みにお答えしてきたノウハウを存分に活かし、あなたのご相談に親身にお答えいたします。

人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!