婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト
Vol. 0236

理想ばっかり高い私。少しは妥協するべき?

男性 恋愛相談

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 恋愛相談 > 理想ばっかり高い私。少しは妥協するべき?
Vol. 0236
理想ばっかり高い私。少しは妥協するべき?
男性

顔も学歴もスタイルも最高によかった3つ年下の彼と別れました。彼の顔をみるだけで、嫌なことをされても許せました。
もう修復不可能で、次の出会いを見つけるしかありません。
が、彼くらいの人でないと恋愛に発展しないのです。
私は理想が高くなってしまっています。
ところが、私自身、まったく美人ではありません。
この上、歳もとっていくし、自分の風貌がさらに衰えていくのを確実に感じ不安でたまりません。現在は仕事もあり不自由ない自立した生活をしていますが、将来は家庭を持ちたいのです。
少しは妥協するべきなのでしょうが、できないのが悩みです。
いろいろ出会いはあるのですが、相手の顔や学歴や収入などで判断し、中身がよくても、物足りなさを感じてしまいます。

この質問に関する回答

あなたの相談で、ひとつ気になるのは彼が年下であったということです。
年下を愛せるのはやたらに相手に依存しようという気持ちがないことで、悪いことではありません。
しかし、ひとつ気をつけなければいけないのは、年下の場合、相手がよく言うことを聞いてくれるものですから、ペットの延長みたいな感じでかわいがってしまう女性がいることです。
あなたがそうだとは言いませんが、年下の彼の場合、ある程度あなたに合わせてくれたり、認めてくれたりしてくれます。
ですから、自分が作ったものを壊したくないという女性は、年下ばかり選んでしまうことがあるのです。
そういう人は感覚的にジャニーズの人に熱をあげる延長線で恋愛をします。
恋愛とファンになる気持ちは全く無縁だとは思いませんが、別のものです。
ですから「コウイチ君素敵!」と言っている人でも、もう一方の私生活ではコウイチ君みたいに格好良い人じゃなくてもちゃんとつき合うことができますし、それが普通です。
ところが私生活でもジャニーズじゃなければダメだとなると、これは不幸です。
男の人も同じで、映画で素敵な女優さんを見て「わーすごいな」とその人のファンになったとしても、現実の女性は女性として愛せる、それが普通の人です。
これは性的な部分も含めてなのですが、女の人だって素敵な男性に熱を上げても別に構わないと思います。
しかし、それが現実を浸食してくるとコワイ気がします。
スターはスターで別と思えれば幸せなのですが、私生活でもそういう人がいいとなるとこれは不幸です。
あなたの場合も、まるで自分のごひいきのタレントさんを品定めするように「美形がいい」「頭の良い人がいい」と自分の好みをあーだこーだとあげています。
それは趣味としては結構な話ですが、現実のつき合いはそれとは違うところにあるのであって、
それをうまく切り替えられないとなると苦しくなります。
現に、顔も学歴もスタイルも最高に良かった彼に嫌なことをされたうえ、ふられたのではありませんか?
同じ仲間としての部分が恋愛や結婚にはあります。
自分だっていっぱい欠陥や欠点を持っているわけですから、仲間の欠点だって「それはあるわよね」と受け入れられないとつらい。鑑賞品の場合は徹底的に凝りたいし、妥協したくないわけです。
しかし、あなたの場合は仲間に対する態度と趣味に対するそれがゴッチャゴッチャになっています。
それはもう少し分けて考えてもいいのではないでしょうか。
条件をまず並べ立ててしまう人は、気軽におつき合いすることができません。
一方、「別にその人と結婚するつもりも何もないんだけれど、ちょっとお酒を飲んだりする飲み仲間としてはいいわよね」と気軽につき合えるタイプの人がいます。
そういう人はそうやって人間関係を広げる中から、深い関係に発展するなんていう流れがあったりします。
しかし、あなたのように最初からおめがねにかなう人以外はムダに口もききたくないという人は、人間関係を狭めてしまう。
それに、おめがねにかなう人があなたを気に入るとは限りませんよね。  
あなたは完全欲が強くて、四角い部屋を丸く掃けなくしていますが、もっといい加減なほうがいい。
そういうある種のいい加減さ、おおらかさがないと、実は人間関係は成り立たないものなのです。
完全欲が強いということは、多分あなたは自分にも厳しいんじゃないでしょうか。
きっちりとした理想像がある人は、理想像から引き算をしていくので、ものすごく自分はブサイクだとか、おばあちゃんだとか思い込んでしまうところがあります。
あなたの場合も、もしかしたらご自分で言っているより、ルックスだっていいかもしれないのに、自分にも細かくチェックを入れている気がします。
そうやってイヤダイヤダと言っている気持ちがその人を醜くしているってこともあるんですよ。「ここがダメ」という減点法ではなく、「私のこの丸い鼻が好き」と言っていれば、人はそれなりにチャーミングになれるものです。それに、30歳で急に衰えたりしませんから、大丈夫!!
40代でもバリバリやっている人はたくさんいます。
恋のビタミンでは「あなたの隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手のタイプ」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
サンマリエ
回答者:サンマリエスタッフ

結婚情報サービス・サンマリエのベテランスタッフ。
日々多くのカップルを見届けている、いわば『恋のプロフェッショナル』。長年たくさんの会員さんの恋の悩みにお答えしてきたノウハウを存分に活かし、あなたのご相談に親身にお答えいたします。

人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!