婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト
Vol. 0199

携帯電話を持っていない僕。これって恋愛できないってこと?

男性 恋愛相談

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 恋愛相談 > 携帯電話を持っていない僕。これって恋愛できないってこと?
Vol. 0199
携帯電話を持っていない僕。これって恋愛できないってこと?
男性

 僕は今困っている事があります。それは、女の子と付き合ったりしたら、携帯電話を持ってないとうまくやっていけないのでしょうか? ぼくは携帯電話を持っていません。だから今、女の子と付き合ったりしたら、電話で話したり、メールを送ったりしてあげることができないのです。携帯電話なしで、どうしたらうまくやっていけるでしょうか?

この質問に関する回答

私も携帯電話はもっていません。でもパソコンがあるからメールはやっています。パソコンは今、公立小学校の授業にもあるほどですし、パソコンでインターネットでもすれば、一日図書館で調べものをしてやっと得られる情報が瞬時に手元に…ということも、しばしばです。私のこの原稿もパソコンで書いて、メールで送っています。もしあなたがパソコンをもっていないなら、親御さんに、そうしたパソコンのメリットを話し、買ってくれるようねだってみてはいががでしょう。
 買ってくれない場合はさっさとあきらめて、手紙を書きましょう。長いこと、人類の歴史では、恋のコミュニケーションツールは、手紙オンリーでした。だから昔の人は、ただこの手紙という手段に、さまざまな工夫を凝らして、自分の思いを伝えたものです。紙の色や材質に懲り、季節の花を添えるのは当たり前。十世紀後半の『宇津保物語』では、多くの求婚者が殺到する姫君に、蝉の抜け殻に恋の歌を書いて差別化する男が出てきます。同じ男は、白い蓮の花びらに、かんざしの先で、恋の歌を書いて送ったこともありました。結局、姫君は東宮に入内してしまいますが、彼女にとって彼は、のちのちまで忘れがたい男として、何度も回想されることになります。
 また瓜に文字や絵を書くことも平安時代はよく行われていたようで、和泉式部集や赤染衛門集などに見られます。
 ただ、手紙には、あくまで素直な気持ちをさらっと書きたいもので、あまりに熱くなったりすると、うっとおしがられることでしょう。『宇津保物語』にも、先の姫君を恋うあまり、花びらに自分の血で恋歌を書いて送った男(しかも彼は出家の身)がいましたが、姫君には相手にされませんでした。ここまですると気持ち悪いですよね。まぁここまでする人はめったにいないでしょうが。
 それから、あなたは携帯電話を使って、メールのほか、お話しもしようと目論んでいらっしゃるようですが、電話は私の経験によると、喧嘩のもとになりやすいので、はじめのうちはやめたほうが良いと思います。会って話している場合、多少の沈黙は自然の流れのうちなのですが、電話の場合、沈黙が不自然に感じられて、「何か話さなければ」とお互い思うあまり、つい余計な一言を言って、相手を怒らせたり、逆にこちらが相手に不快な思いをさせられたりということが、あるものです。
 いずれにしても文面によると、あなたにはまだ具体的に彼女が現れたということでもなさそうなので、そのうち親御さんが折れてパソコンを買ってくれるかもしれないし、高校生にでもなってアルバイトできる年頃になれば、自分の稼いだお金で携帯を買って、電話代も自分で払う(携帯は機械そのものよりも、電話代がかかるのです)ことができるようになるでしょう。
恋のビタミンでは「あなたの隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手のタイプ」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
サンマリエ
回答者:サンマリエスタッフ

結婚情報サービス・サンマリエのベテランスタッフ。
日々多くのカップルを見届けている、いわば『恋のプロフェッショナル』。長年たくさんの会員さんの恋の悩みにお答えしてきたノウハウを存分に活かし、あなたのご相談に親身にお答えいたします。

人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!