婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト

正しいスキンケアで40代の肌を守る!自分に合った基礎化粧品の選び方

婚活
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 婚活 > 正しいスキンケアで40代の肌を守る!自分に合った基礎化粧品の選び方
正しいスキンケアで40代の肌を守る!自分に合った基礎化粧品の選び方

40代になると、シミやシワ、たるみなど肌の悩みがそれまで以上に気になり始めます。どんなスキンケアをすれば良いのかと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?
肌に自信が持てれば、自然と表情も活き活きとして魅力的に見えてきます。婚活中や恋愛中という女性ならなおさら、きれいな肌を保ちたいですよね。
今回は、肌の悩みが増える40代女性が見直すべき基礎化粧品の選び方やスキンケアの方法についてご紹介します。

    【目次】
  1. 40代の肌の悩み
  2. 効果的なエイジングケアとは?
  3. 基礎化粧品の選び方
  4. 正しいスキンケアのポイント
  5. 年齢と向き合った正しいスキンケアを

40代の肌の悩み

40代にはどのような肌の悩みが現れるのでしょうか。20~30代と比較してお伝えします。

乾燥して、肌がカサカサ

20代の頃は意識的にケアしなくても、それなりに潤っていたはずなのに、40代になると夏場でも乾燥してカサつくと感じている人はいませんか? 肌の乾燥の悩みは、30代後半から急に増え始めます。
40代で感じる乾燥は、女性ホルモンのバランスの乱れや、皮脂の分泌量の減少が大きな原因と考えられています。つまり、ホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌量が減ると、肌のバリア機能が弱くなって、ちょっとした刺激でも炎症を起こして肌がカサカサしてしまうというわけです。

シワやたるみが気になる

ほうれい線や目尻のシワがくっきり目立ち始める、肌がたるんでフェイスラインが崩れるなど、シワやたるみは顔全体の印象を変え、見た目年齢までも左右します。40代はコラーゲンの生成量が20代の約半分になるといわれます。そのため、年齢とともに肌のハリがなくなり、シワやたるみが増え始め、どうしても老けこんだような印象に見られがちです。

シミやくすみが気になる

40代になると、肌の新陳代謝機能が衰えてきます。20代の頃には新陳代謝が活発で正常に行われていた肌のターンオーバーも、40代になると次第にそのスピードが落ちてきます。本来なら剥がれ落ちるべき古い角質が、いつまでも肌の表面に残っている状態になり、肌がくすんで見える原因になります。
また、これまで浴び続けてきた紫外線がシミとなって次々と肌の表面に現れてくるのもこの頃です。シミやくすみが増えてくると肌のトーンも暗く見えてしまい、表情も沈んで見えます。

40代は肌の悩みが一気に増え始める年代です。だからこそ、年齢に合ったスキンケアを正しく行いましょう。

効果的なエイジングケアとは?

エイジングケアとは「年齢に合ったケアをする」という意味です。エイジングケアというと、「年配の方向けのお手入れ」というイメージを持っている人もいますが、20代、30代でも自分の年齢に適したお手入れをすることはエイジングケアになります。

年齢を重ねると、それまで自分に合っていると思って使っていた化粧品が合わないと感じることがあります。ここがスキンケアを見直し、エイジングケアを始めるタイミングです。年齢を重ねると体力の低下を感じるように、肌の状態も変わります。すべての肌質や年代に合うスキンケアはありません。その時々の肌の状態に合わせて、スキンケアや基礎化粧品を選び直すことが大切です。

エイジングケアは、肌の年齢に応じたケアをするということです。そのため、エイジングケアを始めるのに若すぎることはありません。「肌の老化が気になる」と思い始めたら、エイジングケアを検討してみましょう。早い時期から自分の肌の状態とよく向き合って、エイジングケアを心がけることが、年齢を重ねてからも美肌を保つための第一歩です。

基礎化粧品の選び方

基礎化粧品は、保湿に特化したものや肌質に合わせて選べるものなど、さまざまな種類が販売されており、エイジングケアを謳った化粧品も数多くあります。その中から自分に合った、ベストな基礎化粧品を選ぶ方法をご紹介します。

お試しで使ってみる

気になる基礎化粧品を見つけたら、価格がお手頃なトライアルセットや試供品などを使ってみましょう。実際の使用感は、自分の肌で確かめてみなければわかりません。口コミやランキングなどの評価が高くても、効果には個人差があります。多くの人の肌に合っていても、それが自分にも合うとは限らないためです。

無理のない価格のものを選ぶ

基礎化粧品は、同じものを長く使い続けることで徐々に効果を実感できます。毎日使う化粧水や乳液などに、あまりにも高価なものを使っていると、経済的に使い続けるのが難しくなってしまうでしょう。
また、高価だから高い効果が得られるわけでもありません。もちろん、高価な商品の中には価格に見合った優れた成分が含まれているものもたくさんありますが、広告料やブランド名などで価格が上がっている商品も少なからずあります。
高価な基礎化粧品を数回使うよりも、自分の肌に合ったものを長く使い続けるほうがより効果を期待できます。基礎化粧品は、購入し続けるのに無理のない価格のものを選びましょう。

刺激がないものを選ぶ

エイジングケアを意識し始める時期は、これまでよりも肌が敏感で刺激を受けやすい状態になっています。そのため、基礎化粧品を選ぶときは、肌に負担のない低刺激の商品がおすすめです。例えば、アルコールや合成香料、合成着色料などの成分が含まれている基礎化粧品を敏感になっている肌に使用すると、刺激を感じてヒリヒリしたり、炎症を起こしてかぶれてしまったりという肌トラブルを起こす危険性があります。これまで問題なく使っていた基礎化粧品でも、突然刺激を感じることもあるので気をつけましょう。

正しいスキンケアのポイント

自分に合った基礎化粧品が見つかったら、スキンケアの方法も合わせて見直してみましょう。スキンケアのやり方次第で、肌への効果は大きく変わります。基礎化粧品の効果を最大限に引き出すために、正しいスキンケアを身に付けましょう。

正しいスキンケアのポイント

化粧水

化粧水を適量手に取り、手のひらでのばしたら、顔全体を優しく覆うように肌に乗せていきます。パンッパンッと強く肌に叩き込むように化粧水を付けている人がいますが、これはNG。優しくハンドプレスして、押し込むように染み込ませましょう。

美容液

美容液は、不足している成分を補うことが目的です。乾燥防止やシミ対策、美白効果など目的に合った成分が配合された美容液を、必要に応じて使いましょう。

乳液・クリーム

スキンケアの最後に、乳液やクリームで適度な油分を肌に与えます。化粧水で保湿した肌にフタをして、水分が流れ出るのを防ぐ役割を担います。肌をこすって余計な刺激を与えないように、優しくなじませるようにしてのばしましょう。
テカリが気になるからといって油分を付けないと、水分が蒸発し、肌が乾燥してしまいます。肌が乾燥すると潤いを保つために皮脂が過剰分泌されるため、余計にテカリが目立つという悪循環に陥るので注意が必要です。
乳液とクリームの役割は、基本的にどちらも同じです。乳液のほうが少し緩めのテクスチャー、クリームは油分が多くこってりとした質感なので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

年齢と向き合った正しいスキンケアを

年齢を重ねた肌を美しく保つためには、フェイシャルエステに通ったり高価な基礎化粧品に買い替えたりと、「何か特別なケアをしなくてはならない」と思いがちです。しかし、自分の肌の状態に合ったアイテムで正しいスキンケアをすることで、十分美しい肌を保つことができます。40代を迎えて肌の変化を感じたら、年齢に合わせたスキンケアをして、若々しい美肌へと磨き上げましょう。

恋のビタミンでは貴方の「隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!