婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト

婚活で年収を重視する女性の心理と現実。条件は高望みで大丈夫!?

婚活
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 婚活 > 婚活で年収を重視する女性の心理と現実。条件は高望みで大丈夫!?
婚活で年収を重視する女性の心理と現実。条件は高望みで大丈夫!?

一生のパートナーを探すための婚活で、結婚相手の条件に「年収」を重視する女性の数は今も昔も少なくありません。結婚生活の安定を求めて収入の多さを重視したくなる気持ちはわかります。ただし、その金額は妥当なのでしょうか。
今回は、女性が結婚相手に求める年収の条件と年収を重視する理由についてご紹介します。

    【目次】
  1. 女性が結婚相手に求める条件は年収重視!
  2. 年齢別賃金の推移
  3. 女性が年収を重視する理由
  4. やっぱり年収を重視したいなら
  5. 求める条件以外の部分もしっかり見ておこう!

女性が結婚相手に求める条件は年収重視!

結婚相手に求める条件として、女性は「年収」、男性は「年齢」を挙げる人が多くいます。男女それぞれの求める条件について解説します。

女性は年収重視

女性が結婚相手に求める年収の定番は「年収500万円以上」といわれています。平成27年の民間給与実態統計調査によると、男性の平均給与は521万円となっています。年収500万円以上の目安は、月の収入約35万円に加え、ボーナス約3カ月分程度です。
しかし、民間給与実態統計調査はすべての階級・世代での平均給与であり、基本的に30代前半で年収500万円を超える人は、経営者や会社役員、大手企業の正社員インセンティブ次第で収入が上がる営業職などが一般的です。

男性は年齢重視

男性は、婚活で女性の年齢を重視するケースが多く、自分より年下の女性を好む傾向があります。結婚して子供を持つことを考えた場合、若い女性のほうが妊娠・出産に関するリスクが少ない上、自分より年齢が上の女性と結婚する場合は「この年齢まで結婚できない理由が何かあるのではないか」と思われることがあります。

参考:国税庁「平成27年分 民間給与実態統計調査」
https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2015.htm#a-01

年齢別賃金の推移

年齢別賃金の推移

婚活で「最低年収400万円以上」「できれば600万円」など、とかく重視されがちな年収。そこで、厚生労働省のデータを基に、年齢別賃金の推移について見ておきましょう。

男性

仕事をしている男性の平均賃金の合計は、30~34歳が286.9千円、35~39歳が323.8千円、40~44歳が360.7千円です。
大企業に勤めている場合は、30~34歳が317.4千円、35~39歳が365.8千円、40~44歳が413.2千円となっています。
全体の合計だけでなく、大企業勤務であっても、男性の平均年収は500万円以下であることがわかります。

女性

働いている女性の平均賃金の合計は、30~34歳が243.4千円、35~39歳が253.6千円、40~44歳が261.4千円となっています。
大企業に勤めている女性の場合は、30~34歳が265.4千円、35~39歳が276.1千円、40~44歳が288.8千円です。
女性の場合は、大企業でも男性との賃金格差があったり、出産後はライフスタイルが変化したりすることも多いため、男性と比べると年収が低い傾向にあります。

男女ともに30~40代前半では、平均年収で400万円を超えることはほとんどありません。そのため、「年収500万円以上」は、世間の平均から見ると「高収入」の部類に入るのです。

参考:厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」結果の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/

女性が年収を重視する理由

女性が男性の年収を重視していると聞くと、あまり良いイメージを持たれませんが、ただ楽な生活がしたいというわけではありません。将来の経済面を現実的に計算しているのです。

結婚後の主な出費として、女性が仕事を辞めたり、休んだりした際には2人分の生活費が必要になります。結婚後も仕事を続けるという場合でも、子供ができると出産や育児のタイミングでは仕事を続けることが難しく、一時的に女性側の収入がなくなったり減ったりする時期が想定されます。男性が仕事で忙しいと、女性が家事全般や子育てのために、専業主婦になるケースもあるでしょう。
また、子育てには子供の養育費や進学のための学費などがかかります。さらに、子供が独立した後も、退職後に夫婦2人で過ごすための老後の生活費なども必要になります。

女性が「高収入の男性と結婚したい」というと、男性は「自分の稼ぎを使われてしまいそう」「玉の輿を狙っているのかも?」などと感じる人もいるかもしれません。しかし、女性は妊娠や出産、子育てで仕事ができない期間や仕事のペースを調整せざるを得なくなる可能性が高いことを考慮した上で、男性の年収を重視しているのです。
「働きたくない」、または「贅沢をしたいから高収入の男性と結婚したい」と考える女性ばかりではないことを知っておきましょう。

やっぱり年収を重視したいなら

「人はお金ではない」と頭ではわかっていても、どうしても年収が高い人と結婚したいという人もいるでしょう。そこで、年収を重視した婚活のポイントをご紹介します。

年収以外の条件をゆるめる

結婚相手の年収を重視する場合、本当に重要な条件である年収を最優先にして、そのほかの条件をゆるめることで相手が見つかりやすくなります。
「年収が高くて、同年代で、外見も自分好み」の男性が実際の理想だったとしても、すべての条件を満たす人はほとんどいないでしょう。どうしても譲れない条件がある場合、それ以外の部分は柔軟に考えることが大切です。

条件を絞った婚活をする

例えば「年収600万円以上限定」の婚活パーティーに参加するなど、自分の希望する条件に合った婚活をしましょう。条件を満たしていないと参加できないため、希望の相手と巡り合い、カップルになれる可能性が高くなります。
婚活パーティーの会場で初対面にもかかわらずいきなりお金の話をすると、相手に良い印象は与えられないでしょう。フリータイムで相手の年収を聞き出したりすると、相手の男性に「お金目当てなのかな」というイメージを持たれてしまう可能性もあります。
その点、初めから条件に合った人が参加している婚活パーティーなら、印象を下げることなく、効率的に相手を見つけられるでしょう。

結婚相談所を利用して、プロの婚活アドバイザーに相談するのも良い方法です。結婚相談所では、入会時に年収の証明になる収入証明書や独身証明書などの書類を求める場合もあります。そのため、プロフィールは正確な情報となっており、安心して婚活を進めることができます。ある程度求める条件を絞り込めている人や具体的な条件を挙げて相手を探したい場合は、結婚相談所を活用することをおすすめします。

条件だけで決めてしまうのは危険

年収重視で結婚相手を見つける方法をご紹介しましたが、リスクも当然あります。多いのは年収に限らず、条件だけで結婚相手を選んだ結果、結婚後の生活でミスマッチを引き起こすことです。
例えば、求めていた条件が年収500万円以上だった場合、年収は希望を満たしていても「最低限の生活費用しか渡さない」「お金の使い方にうるさい」などケチでお金に細かい人だったり、「借金がある」「前妻への慰謝料を支払っている」など収入自体は高くても、実際に手元に残るお金はほとんどなかったりということもあり得ます。生活を共にする上では、年収が高い人との結婚=幸せとは限らないのです。

求める条件以外の部分もしっかり見ておこう!

婚活の場では、性格や気遣いなどの内面だけでなく、年齢や職業、外見である程度判断されてしまうのも事実です。しかし、条件だけに気を取られて結婚すると、思わぬ失敗につながる可能性もあります。
年収を重視していても、業績不振による賃金カットや病気・ケガなどで働けなくなったり、会社の倒産やリストラで収入がなくなったりすることもあるでしょう。年収だけを条件にしていた場合、年収が減ったときに、引き続き相手に魅力を感じられるでしょうか。いずれにせよ現在の年収が高いからといって、将来ずっと高収入である保証はないということは頭に入れておきましょう。
結婚相手を探すときは、一緒にいてリラックスできるかどうか、会話を楽しめるかなど、条件以外の部分もしっかりと見極めておくことをおすすめします。

恋のビタミンでは貴方の「隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!