婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト

婚活の成否はプロフィールが左右する!好印象を与える書き方とは?

婚活
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 婚活 > 婚活の成否はプロフィールが左右する!好印象を与える書き方とは?
婚活の成否はプロフィールが左右する!好印象を与える書き方とは?

結婚相談所や婚活サイトの活用など、婚活の方法はいろいろありますが、どんな場合でもたくさんの参加者・会員の中から、まず自分に興味を持ってもらうことが大切です。
写真以外に、職業や性格、趣味、休日の過ごし方などの情報が一目でわかるのが「プロフィール」です。直接会ってみたいと思われるかどうかは、プロフィールにかかっているといっても過言ではないでしょう。
今回は自分の魅力をしっかりと伝え、相手の心をキャッチするのに役立つ婚活プロフィールの書き方のコツをご紹介します。

    【目次】
  1. 婚活で重要なプロフィールの役割
  2. 婚活プロフィールの内容とは?
  3. これはNG!プロフィールを書く際に気を付けること
  4. 魅力的な婚活プロフィールの書き方のコツ
  5. プロフィールで出会いの可能性を広げよう

婚活で重要なプロフィールの役割

婚活にはプロフィールの作成がつきものです。プロフィールは「相手との出会いのきっかけを作る」という重要な役割を果たします。

ほとんどの結婚相談所や婚活サイトで、登録時に最初に行うのがプロフィールの作成です。会ったことのない相手の中から「いいな」と思う人を絞り込むために、プロフィールは唯一の手掛かりとなります。プロフィールを見て魅力を感じない、または「自分とは合わない」と判断されてしまうと、その相手と直接に会えるチャンスは巡ってきません。

つまりプロフィールは、婚活の可能性を広げ、理想の相手に巡り合えるかどうかの鍵を握っているというわけです。
そこでプロフィールの重要性を理解した上で、自分の魅力をアピールし、理想の相手に出会うためのプロフィールの書き方をチェックしていきましょう。

婚活プロフィールの内容とは?

一般的な婚活プロフィールの内容をご紹介します。プロフィールの項目は、どの結婚相談所や婚活サイトでも大きな差はありません。基本を押さえておけば応用が利き、自分をアピールする多くのシーンで役立ちます。

基本情報

まず氏名、年齢、職業、出身地などの基本的な情報を記入します。Web上の婚活サイトで実名を公表するのに抵抗のある人は、名前をひらがなやカタカナで記入したり、下の名前だけ書いたりしておくといったことも可能です。しかし、実名を伏せてニックネームなどを記入するのはおすすめできません。数多くのプロフィールを目にする相手にしてみると、非公開や空欄の項目があるとその人への関心は薄れてしまうものです。また、相手にとっても基本情報を開示していない人とやり取りをするのは不安でしょう。

写真

婚活サービスの多くでプロフィール写真が公開されており、場合によっては必須のところもあります。見た目が好みかどうかは、プロフィールを見るときに最初に気になるポイントです。
また、事前に顔がわかっていれば、実際会うことになったときもお互いに安心できます。どうしても写真を公開したくない場合は、プロフィールに載せない代わりに「メッセージをいただければ写真の交換ができます」など、一言記入しておくと良いでしょう。

ライフスタイルや結婚相手に求める条件

基本情報のほかに、自分の性格や趣味、休日の過ごし方など、人となりを紹介する項目が続きます。それぞれの婚活サービスによって項目のボリュームに差はありますが、ライフスタイルについてかなり細かく質問項目が分かれている場合もあります。
さらに、結婚相手に求める条件や、理想の結婚生活についても詳しく記入しましょう。男性の場合は年収や兄弟の有無などの家族構成、女性の場合は結婚後に希望する働き方など、直接会ったときに口頭では聞きにくいような内容を自分の希望する条件として記入しておくと、相手へのメッセージ代わりになります。

自己PR

プロフィールの項目の中でも、最も自分らしさが出るのが自己PRの項目です。自分のチャームポイントや結婚したらどのような家庭にしたいかなど、書く内容は自由です。何を書くか迷ったら、「どうして婚活サイトに応募したのか」「休日の過ごし方」などを書くのもおすすめです。スペースが大きく取ってある場合が多いので、自己PRの欄を活用して、結婚に対する真剣な姿勢をアピールできるように心掛けましょう。プロフィールのほかの項目からはわからない「素の自分」を知ってもらえるような文章が好ましいです。

これはNG!プロフィールを書く際に気を付けること

自分では丁寧にプロフィールを書いたつもりでも、書き方によっては相手にマイナスイメージを与えてしまう場合があります。プロフィールを書く際に気を付けたいポイントを押さえておきましょう。

箇条書きで一言

質問内容に答えるだけの箇条書きでは、伝わる情報が少なく、やや冷たい印象を与えかねません。例えば、趣味を答える項目で「趣味:映画観賞」と書くよりも、「趣味は映画を見ることです。特にSF系やミステリーが好きで、仕事帰りや休日に映画館へよく行きます。DVDを家でゆっくり観るのも好きです」と答えたほうが、多くの情報をアピールできます。同じ内容でも、文章にして書くのと一言だけで答えるのでは受け手の感じ方に差が出ます。

ありがちな趣味

多くの会員の中から興味を持ってもらうためには、印象に残らないありがちな趣味を書いても効果的とはいえません。女性なら「料理」、男性なら「ドライブ」など、特に趣味がない人でも思いつくような内容では、新鮮味に欠けます。
料理が趣味なら、「特に和食が好きで、朝ごはんからしっかり作って食べるのが小さな幸せです」、ドライブが趣味なら「休日にドライブで遠出するのも好きですが、平日に仕事を早く終わらせて、夜のドライブで夜景を見るのも好きです」など、読み手が文章を読んで想像し、共感できるような内容を付け加えましょう。

また、女性の「ショッピング」や、男性の「釣り」などの趣味は、異性から見るとあまり印象が良くない可能性があるので注意しましょう。ショッピングと書くと、「派手な買い物が好きな浪費家なのではないか」と思われてしまうかもしれません。同じ買い物でも「ウインドーショッピング」として、「新しいお店や、おしゃれなものを見つけるのが好きです」と書けば、印象はガラリと変わります。
男性の場合の「釣り」は、女性からすると「趣味として共有しにくい」というイメージを持つ人もいます。釣りだけに限定せず、「自然が好きで、アウトドアや釣りをするのが好き」と幅を持たせて書くと、マイナスイメージを持たれにくいでしょう。

ネガティブな内容

「休みの日は家にこもって一日中オンラインゲームをしている」「家でゴロゴロしながら撮りためたドラマをチェックしている」など、本当のことだとしても、そこから会話があまり発展しない内容は好ましくありません。付き合い出してからなら、お家デートで一緒にゴロゴロする日があってもいいですが、お互いのことをまだよく知らず、これから共通点を探そうとする段階でプロフィールに書くのは避けたほうが良いでしょう。パチンコや競馬などギャンブルを趣味の欄に書くのも、浪費家と疑われる可能性があるのでNGです。

経歴詐称

プロフィールの質問には正直に答えましょう。身長や体重を少しばかりごまかすというような、後々バレても笑って許せる範囲ならそれほど大きな問題にはなりませんが、出身校や年収、年齢など、二人の仲が親展すれば確実にバレてしまうようなことで嘘をつくのは絶対にやめましょう。特に基本情報については、嘘をつかないのが大前提です。嘘をついていることがバレれば、信頼を失ってしまいます。見栄を張ってアピールしても、実際に会ったときにバレてしまうと、結局長続きしません。

魅力的な婚活プロフィールの書き方のコツ

「会ってみたい」と相手に思わせるには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。魅力的な婚活プロフィールを書くためのコツを具体的にご紹介します。

魅力的な婚活プロフィールの書き方のコツ

趣味や休日の過ごし方を詳細に書く

基本情報や写真から、「この人、アリかも!」と判断できる項目が趣味や休日の過ごし方です。自分と共通の趣味があるかどうか、価値観が合うかどうかを見極めるのに役立ちます。回答を一つに限定してしまうより、イメージが広がるようにいくつか書いたほうがより多くの人の目に留まるでしょう。
例えば、「おいしいパン屋さんやカフェを見つけてゆっくりお茶をしたり、写真を撮りながら散歩をしたりするのが好きです」など、共通点となる趣味をいくつか盛り込みつつも、一緒に過ごす休日をイメージしやすい書き方にすると、相手への印象が良くなります。

記入欄はできるだけ埋める

プロフィール項目で質問されたことには、すべて答えましょう。「特になし」や空欄があると、本当に婚活する気があるのか疑われてしまいます。質問に一つずつ丁寧に答えることで、結婚にかける真剣さをアピールできます。

手書きの場合は文字や記号も丁寧に書く

上手い・下手にかかわらず、文字の字体やバランスからも人柄は見られています。大きめの文字で、読み手が見やすいように書けば、自分の字にあまり自信がない人でもキレイに見え、好感を持たれやすいものです。小さすぎる文字でびっしり書かれていたり、項目によって文字の大きさが違ったりするプロフィールは読みにくいので、一度下書きをして全体のバランスを確認してから清書すると良いでしょう。

プロフィールで出会いの可能性を広げよう

婚活パーティーや婚活サイトに登録すれば、たくさんの人と出会える可能性があります。しかし、その中から運命の相手を見つけられるかどうかは自分次第です。ただし、どんなに良いプロフィールが書けたとしても、それが目的ではありません。プロフィールを書くことで自分の理想の結婚をイメージするとともに、相手に求める条件を整理できれば、婚活のスタートラインに立ったといえるでしょう。魅力的なプロフィールを作成して良いスタートを切り、素敵な出会いを引き寄せてください。

恋のビタミンでは貴方の「隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!