婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト

恋愛において“カンチガイ”したこと・されたことありますか?

数字でわかる恋愛常識
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 数字でわかる恋愛常識 > 恋愛において“カンチガイ”したこと・されたことありますか?
恋愛において“カンチガイ”したこと・されたことありますか?

6割の恋愛はカンチガイ!? 赤面エピソード、大公開!!

今回は「恋愛において“カンチガイ”したこと・されたことありますか?」という質問。
女性の場合、「カンチガイされたことがある」と回答した人は6割以上、
反して「カンチガイしたことがない」と思っている男性も6割以上という結果になりました。
もしかしたら、自分で気づいていないカンチガイがあるのかも…?

男女共によくあるカンチガイは、 異性に社交辞令で優しくされただけなのに、
相手が自分のことを「好きなのかも!?」と思ってしまうケース。
中にはそのままストーカー化してしまった男性までいるようです……。

それでは、そんなカンチガイしてしまった・されてしまったエピソードを見て行きましょう。

「自身、もしくはまわりの人であった“カンチガイ”なエピソードを教えて!」

【勘違いしてしまったエピソード】

「ルールで禁止されている行動を自分のためにしてくれて、優しくされたので勘違いした」
(カンチガイしたことがある)

「食事、遊びなど二人きりで出かけることが度々ある。
誕生日やクリスマス、バレンタインにプレゼントをもらうことがあった。
こうした関係で、告白したら振られたことが多数ある」 (カンチガイしたことがある)

電話番号聞かれて、教えたら保険の勧誘、そして加入
(両方ある)

「私の居ない所で、私のことを「可愛い」とか言っていたらしく…
凄く優しくしてくれたり気にかけてくれたりしたので、
段々好きになりつつある時に相手に彼女が居ることが発覚した」 (カンチガイしたことがある)

「浮かれていたが、実は「好き」の意味は「人間的に」だったらしい」
(カンチガイしたことがある)

「グループで仲良くしていた男友だちと二人で遊ぶようになり、
彼のおばあさんが所有する別荘に泊まったり、実家に泊めてもらったりしたので、
好きになってしまい告白したら『友だちでいよう』と振られた」(両方ある)

【勘違いされてしまったエピソード】

「目が悪いため、人をじっと見てしまう癖から勘違いされ、
『いつもオレを見てる』と言いふらされた」(カンチガイされたことがある)

「席が隣だった男子と仲良く話していたら、好きとか言うウワサが流れて、
『お前俺のこと好きなんやろ?付き合って』とか言われた!!」(カンチガイされたことがある)

「男友だちに告白されて断ったら『俺のこと好きじゃなかったの?』って言われた…」
(カンチガイされたことがある)

「好きでもない人に、『俺のこと好きなんだろ』とアホ発言された」(両方ある)

「仕事だからやさしく接していたのに、気があると思われて、
その後言い寄られ続けたことがある」(両方ある)

「職場の既婚の男性に、会社帰りにお茶に誘われ、時たま応じていたら、
何を勘違いしたか、メールが頻繁に来たり、残業帰りに待ち伏せされたり、
休日に『家の近くまで来たから会えないか?』などとストーカー化された」(両方ある)

「今まで普通に接していた人に
笑顔で挨拶していたら、結婚を申し込まれました
」(両方ある)

恋のビタミンでは貴方の「隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!