婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト

あなたの失恋回数は?

数字でわかる恋愛常識
このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの失恋回数は?

誰しも好きな人ができれば、その恋を実らせたいと思うもの。
しかし好みや相性、または運やタイミングによっては、
実る恋ばかりではありませんよね。
そう、恋の成就という甘さの反対側には
「失恋」という酸っぱさも存在しています。

今回は、その失恋にスポットをあて、
「あなたの失恋回数は?」という質問に答えていただきました。
そして、どうして恋の花は枯れてしまったのかを探るべく
「フラれた理由」も尋ねてみることに。
いったい、どんな失恋を重ねているのか、さっそく見て行きましょう。

あなたの失恋回数は?

みな恋に敗れてる?10人中9人は、失恋経験者!

失恋回数を見ると、アンケートにお答えいただいた皆さんの多くは、
恋の苦さを味わっていることがわかりました。
全体の9割は、必ず失恋を経験しているようです!
その中でも、特に男性は、「10回以上」もの失恋を経験した人が19%と、
わずか3%しかいない女性の6倍以上。
男性のほうがアタックする気持ちが強い代わりに、
たくさんの傷を負っているということでしょうか。

逆に女性は男性の2倍以上となる12%の人たちが
失恋を「したことなし!」との結果に。
失恋経験なしの恋愛上級者は、やはり女性に多いようです。
さらに失恋を味わったことのない女性の事情を
ひと言コメントから探ると、
「告白をしたことがない」というひかえめタイプの意見や、
密かに想い続ける片想い状態を楽しみたいといった考え方の人たちがいました。

これらの女性に比べて男性のほうが沢山フラれている現状を見ると、
何はともあれ、アタックしよう!といった
攻めの姿勢で恋に積極的なのは男性側、といえるのでしょうね。
奥手の草食男子が増えているという話題も目立ちますが、
まだまだ男性の攻撃力は健在のようです!

フラれる理由から見えてきた4つのパターンとは?

最も多いフラれる理由は『浮気&他に好きな人がいる』

お互いに深く愛し合えていると思っていたのに、じつはそうではなかった…。
気持ちが通じ合わないことほど悲しいものはありませんよね。
あまりの悲しさから、こんなフラれ方しているのは、「もしかしたら私だけ?」
なんて、ついつい悲劇のヒロインになりがちですが、
同じような失恋経験を抱えている人は、他にもいたりします。

周りの人たちはどんなフラれ方をしているのか、ちょっと気になりませんか?
今回答えていただいた「フラれた理由は?」の答えを見ていくと、
4パターンの傾向が見えてきました。

パターン1は、そもそも「恋愛対象じゃない」です。
これは、告白時点でわかる相手の答えで、
「友達以上には思えない」という理由も目立っていました。
なかには、付き合ってみたら「なんか違った」と思う人もいるようです。

回答数が最も多かったのは、パターン2の「浮気&他に好きな人がいる」
付き合っていても、「他に好きな人ができた」と言われてしまっては、
太刀打ちのしようがない?

そして、タイミングや運の悪さもありそうなパターン3は、「外的要因からのスレ違い」
目立っていたのは、遠距離恋愛のせいで心が離れてしまう別れです。
とくに男性がこのパターンでフラれているところを見ると、
女性のほうが、遠距離恋愛の寂しさには耐えられない
傾向にあるのかもしれません。

最後に「性格、気持ちのズレ」によって愛想尽かされてしまう、パターン4。
自分が悪かったと反省するコメントもあれば、
相手についていけないとさじを投げるコメントもありました。

このように様々な失恋の理由があるところを見ると、逆に考えたら
恋人になってお互いが惹かれあい結ばれるというのは、奇跡的なこと
そして、フラれるというは、何も傷つくだけじゃなくて
「どうしてフラれてしまったのだろう…?」と
自分自身を振り返るチャンスともいえるのではないでしょうか。
この痛手をバネに、次の新しい恋のステップへ一歩踏み出しましょ♪

パターン1【恋愛対象じゃない】 無念…片想いは実らず

恋愛対象として見ていなかった」(20歳)

恋愛対象ではないといわれる」(31歳)

彼の中の『女性像』にあてはまらなかったため、らしい。
外見だけで付き合ってたってことか!」(21歳)

「単純に相手にされなかった」(26歳)

「好みじゃない」(31歳)

友達以上に思えない」(39歳)

パターン2【浮気&他に好きな人が】 愛し合っていると思っていたのに…

本当は付き合ってる人がもう一人…」(20歳)

「相手に好きな人ができた」(31歳)

「告白することすらできずにいて、気づいたら彼女がいました」(20歳)

知らない女に邪魔された」(21歳)

「彼が他の子に告白された瞬間、その子が気になり始めた」(27歳)

「ある映画を二人で観ていたら元カノを思い出し、忘れられないと言われた」(33歳)

パターン3【外的要因からのスレ違い】 何かが欠けてる恋だった?

金がなくて」(24歳)

「遠距離」(25歳)

「遠距離恋愛で向こうから別れを告げられた」(51歳)

「国際恋愛で遠距離が長く、一緒に生活をスタートするタイミングもなく、
『疲れた』
と言われました」(23歳)

女の私のほうが背が高かった!」(24歳)

「遠恋で、『他に好きな人ができた』と…」(26歳)

パターン4【性格・気持ちのズレ】 愛想尽かされて

「自分が女友達にも優しくするので、
特別な女性だと感じられないらしい…。
自分としては全く別なのに」(22歳)

あなたの考えてることがわからない」(33歳)

「自分の未熟さ」(41歳)

「ほかの人と仲良くしていたら、異常なやきもちを妬かれて」(27歳)

「たぶん私が甘えてばかりだったせい」(28歳)

「毒舌。一緒にいて安らがないと毒舌の彼に言われた。お互い様でした」(29歳)

「色々な異性と友達づきあいをしていたら、
『嫉妬するのに疲れた』と言われてフラれた。
別にやましいことなんか何もなかったのに!」(31歳)

「私の好きが強くなりすぎて」(35歳)

恋のビタミンでは貴方の「隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!