婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト

恋人の異性の友だちについてどう思う?

数字でわかる恋愛常識
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 数字でわかる恋愛常識 > 恋人の異性の友だちについてどう思う?
恋人の異性の友だちについてどう思う?

恋人といくら順調に付き合っていても、
ケンカやいざこざは、ついつい起きてしまうもの。
その原因のひとつに「恋人の異性の友だち」の存在があるのではないでしょうか?
恋人の後ろに見え隠れする異性の友だちに、
「何もないとは思うんだけど…」と、気が気でない経験をした方も多いのでは?
今回のアンケートでは、そんな「恋人の異性の友だち」について徹底検証しました!

恋人の異性の友だちについてどう思う?

男女間の友情はアリ?ナシ?

まずは、男女間の友情は絶対アリと思う「2人で会っててもかまわない」を選んだ彼ら。
男性28%、女性24%という結果になりました。
彼らの意見を見てみると、恋人の異性の友だちを「大切な存在」や
「恋人を支えてくれている人」、さらには「恋人の友だちは私の友だち」と
捉えている人が多数いました。
たとえ2人きりで会っていても、疑うことなく
100%信頼できる関係性が成立しているからこその意見ではないでしょうか。

いっぽう、恋人の異性の友だちは「いなくていい!」を選んだ人たちを見ていきましょう。
男女間の友情は絶対ナシと思う人は、男性8%、女性13%という結果になりました。
異性との友情なんて断固拒否!な彼らの意見には「目障り」「信用できない」という声も。

恋人や好きな人が、男女間の友情アリ派かナシ派か、
まずは見極めることが、恋愛成就のポイントなのかもしれませんね。

「あなたにとって恋人の異性の友だちの存在とは?」

2人で会っててもOK! 【男女の友情は絶対アリ】

「恋人とは違う大事な存在」(37歳)

「その人を支えてくれている内の1人」(21歳)

「私にとっても新しい、いい友だちができることになるのでいい」(40歳)

自分も友だちになる」(17歳)

「私も異性の友だちがいるので、いたって普通のこと」(17歳)

「彼女の恋の相談相手」(39歳)

「友だち」(46歳)

別にかまわない」(40歳)

存在自体が信用できない! 【男女の友情は絶対ナシ】

「一番厄介な人」(27歳)

「何してるかわからない」(27歳)

「口では正当なことを言うが、なにか信用できない」(17歳)

「友だちの前に異性は異性」(30歳)

「昔は男女の友情も尊重してたけど、自分が男友だちと思っていても
相手がそうでない場合がほとんどだったので、やっぱり男女の友情は成立しない」(31歳)

目障りなもの」(32歳)

「あなたにとって恋人の異性の友だちの存在とは?」

「みんなとなら会ってもいいよ」に隠された“男心”と“女心”

いちばん支持率が高かったのは「みんなで会ってるならかまわない」
男女ともに6割という結果に。
実は、この言葉のウラには大きな爆弾が…。 みなさん油断は禁物です!
表向きでは「いってらっしゃい♪」と快く送り出す彼らですが、ホンネを覗いてみると、
「敵」「心配」「嫉妬」「悔しい」と、
心の動揺や憎しみ!? までひしひしと伝わってきました。

さらに男女で見ていくと、ある傾向を発見。
男性は、男友だちが彼女を奪ってしまうのではないかという「ハラハラ」とした危機感を感じ、
女性は、彼の女友だちをライバルと見て「イライラ」と敵対心を抱く傾向があるようです。
恋人への疑いや抑えた気持ちが募って、コメントにもあるように「胃痛の種」となり、
ついには爆発!! なんて事態にも…。

それでも「異性の友だちも大事なんだよなあ…」と思うなら、
以下のポイントを守ってみてください。
(1) 2人きりで会うことは避ける
(2) 恋人にその友だちを紹介する
(3) 目の届く範囲で会う

これらさえ守れば、
安心して愛と友情を両立させることができるかも!? しれませんよ。

彼氏の女友だちに「イライラ」 絶対負けません!

ライバル」(20歳)

悔しい」(16歳)

「基本的に!連絡とったり2人で会うのは不安が募ってイヤ」(31歳)

「何もないと分かっていてもイラーっとします(笑)」(37歳)

「比較の対象」(24歳)

「敵か戦友か」(28歳)

「モヤモヤする感じ!」(21歳)

嫉妬の対象ですね…」(31歳)

彼女の男友だちに「ハラハラ」 まさか奪われるかも!?

いつ奪われるか分からない存在」(28歳)

「とても気になる存在」(31歳)(30歳)(26歳)

胃痛の種」(31歳)

「心配の種」(30歳)

「どんなやつか心配」(27歳)

「いなくていい」(26歳)

愛と友情を両立させるには…

「私の目が届くことが前提」(31歳)

「パートナーを不安にさせるような行為はそれぞれの考えの下で、
自粛したほうが良い」(27歳)

「嫉妬の対象。その女友だちを紹介してくれれば解消される」(27歳)

自分も友だちになる」(17歳)

「知らない友だちなら、相手までは信頼しきれない」(34歳)

恋のビタミンでは貴方の「隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!