婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト

異性に聞かれ、思わずサバを読んでしまうのは?

数字でわかる恋愛常識
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 婚活応援サイト恋のビタミン > 数字でわかる恋愛常識 > 異性に聞かれ、思わずサバを読んでしまうのは?
異性に聞かれ、思わずサバを読んでしまうのは?

嘘をつくつもりはなかったんだけど、とっさに口から出た数字は
実際のものと違っていた…。
好きな人や気になる子に、ちょっとした見栄やよく思われたい という気持ちから、
思わず「サバ」を読んでしまうことってありますよね。
今回は、「異性に聞かれ、思わずサバを読んでしまうのは?」というアンケートを実施。
ついついごまかしたくなるポイントに男女で差はあるのでしょうか!?

異性に聞かれ、思わずサバを読んでしまうのは?

男性の身長はミリ単位、女性は予定体重

『異性に聞かれ、思わずサバを読んでしまうのは?』というアンケートに対して、
男女でもっとも差が出たサバ読みポイントは、やはり「身長」「体重」
身長をごまかしてしまう男性が20%に対し、女性はわずか5%
逆に、体重を偽ってしまう女性が41%いるのに対し、
男性は29%という結果になりました。

さらにそのサバ読み範囲を聞いてみると、男性の細かさ
女性の大胆さが浮き彫りになりました。

「身長」をサバ読むと答えた人たちに「サバを読む具体的な数は?」聞いてみると、
女性は、“センチ単位”で数字を出したのに対し、
男性の多くは、“ミリ単位”で数字を出してきたのです。
男性にとって身長は、たとえ数ミリであっても大きな価値があるようです。

一方、「体重」をサバ読む女性のサバ読み数は、かなり大胆!
確かに並んで比べたりできる身長に比べ、体重はパっと見ただけでは
なかなかわからないですしね。
それに身長と違って、体重は自分の努力である程度調整できますし、
「これから、そうなる予定」ということで、大目にみてあげてください!!

「サバ読む数字」と「サバ読みがバレたときの言い訳」

身長をサバ読んでました!

+9mm/最後に測ったの学生の時だから」(34歳)

「実身長よりちょっと高く見られるからサバよんじゃう時も…」(24歳)

「1cm以内/ぎりぎり足りないから」(24歳)

+4mm/測ったら縮んでた(泣)」(24歳)

+2mm/四捨五入」(35歳)

「-3cm/え、そう?健康診断で××センチだったから」(28歳)

体重をサバ読んでました!

-7kgぐらい/うちの体重計、壊れてたらしくてさぁ、
正確な体重測れないんだよねぇ」(19歳)

「-3kg/最近暴飲暴食しちゃったから」(25歳)

「-3kg/…ああ、この体重計がおかしいんだよ」(33歳)

-10kg/前まではこんなになかったんだよね~」(15歳)

-5kg/最近体重測ってないけど、この前は○kgだった」(40歳)

「-2kgぐらい/^^」(25歳)

「+3kgぐらい/見た目以上に太ってると思われるのがなんかイヤ」(26歳)

「そんなこと、言ったっけ?」(39歳)

思わずサバを読んでしまうNo.1は「今まで付き合った人数」

付き合った人数、男性は水増し、女性は抹消

『異性に聞かれ、思わずサバを読んでしまうのは?』というアンケートで
男性、女性問わず、いちばん多かった答えは「今まで付き合った人数」
男女とも40%を超えるという結果になりました。
では、サバを読む「人数」はどうなのでしょう?
「サバを読む具体的な数」を聞いてみると
そこには、男性と女性に大きな差が表れました。

男性は、付き合った人数を多めに言う人、少なめに言う人がほぼ半々で
サバ読み範囲のほとんどは±3~±5人
一方女性は、実際に付き合ったことのある人数よりも少なめに申告している人が大多数を占め、
しかもその人数は-50~-1人まで幅広く、なかには「聞かれても数は言わない」という
コメントもありました。
狩猟民族として「たくさんの獲物を獲るヤツが偉い!」とされてきた男性のサガでしょうか!?
男性は見栄やプライドから、付き合った人数を水増ししてしまうようです。
そうした男心を察してか、「彼が付き合った人数より多い数は言えない!」と
女性は、少なめに言ってしまうのかもしれませんね。

また、サバを読んでいたことが「バレてしまったときの言い訳」を聞いたところ、
男性は、“勘違い”を強調しつつも、実際の数を素直に認めている様子。
しかし、女性のコメントはひと味違います。
会った回数や自分の気持ちを理由に“あえて”数には入れていないことを主張し、
その場を乗り切ってしまうようです。
ほかにも、「バレない」自信の持ち主や、はじめから具体的な数字は出さない
完全秘密主義者もいました。
そして、さらなるツワモノは、記憶喪失(のフリ?)。
「そんな人、いたかしらぁ~?」と言わんばかりに、元カレの何人かは、
彼女たちの記憶から抹消されてしまうようです。
しかし、それは今の恋が充実している証拠といえるかも!?
過去の人とは比べものにならない、その存在すら忘れちゃうぐらい
今のお相手が大切ってことなのではないでしょうか。

サバ読み人数 プラス派:水増し申告、認めます

「見栄を張りたくて(汗)」(25歳)

「友達の数、聞かれたんだと思った~」(41歳)

「勘違いしていたんだ」(27歳)

「何も言わない…負けを認めます」(38歳)

サバ読み人数 マイナス派:付き合った数には入りません!

本気じゃなかったから、数に入らないの」(40歳)

『ホントに好きで付き合ったのは、アナタがはじめて☆』毎回言う」(24歳)

「周りが勝手に付き合ってるって勘違いしてただけだよー」(26歳)

デートしただけだから、付き合ってたわけじゃないよ(大嘘)」(39歳)

「半数は『彼氏だったら良かったのに~』というだけの友達だよ」(35歳)

同じ人と別れたり戻ったりしてた数もカウントしてだよ。
実際はお前入れて、2人だけだよ~」(26歳)

サバ読み人数 マイナス派:記憶にございません!

「何人かわからなくなっちゃって…」(27歳)

「忘れちゃいました☆」(27歳)

「つらい思い出は勝手に忘れようとするみたい」(32歳)

「昔のことは忘れちゃった」(36歳)

サバ読み人数 未知数!バラさない!

過去の話はしない」(33歳)

「バレないように徹底して頑張る」(25歳)

「バレないし!」(29歳)

「実際、数えるべきかわからない人がいるので、数えてられない」(26歳)

恋のビタミンでは貴方の「隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!