婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト

ファーストキスはいつ?

数字でわかる恋愛常識
このエントリーをはてなブックマークに追加
ファーストキスはいつ?

今回のテーマは、『ファーストキスはいつ?』。
全体で見ていくと、「学生~社会人」がもっとも多い50%でした。
続いて「中学~高校時代」35%、「いまだ未経験」9%、「~小学生時代」6%という順に。
男女別に細かく見ると、キスの初体験時期に違いが!!
では、さっそく見ていきましょう。

ファーストキスはいつ?

半数の女性はティーンで経験済み、男性はウブ?

小学生でのファーストキス経験は、男性8%、対する女性5%と男性のほうが上回っています。
しかし体験年齢を高校生までに広げると、
半数の女性が未成年のうちにファーストキス経験済みという結果に。

女性のほうが男性より
先に第二次性徴期を迎えて成熟していくこととも、関係がありそうですね。

小学生までにファーストキスを経験したある女性は、

「人生で初めて本気で好きになった人と、真夏の夜に初めてのキス。
ダイアナさんが暗殺されたニュースが流れていたのを覚えています」(18歳)

とコメントしています。

ダイアナ妃が亡くなったのは1997年ですから、
この女性がファーストキスを経験したのは、7歳のとき。
“初めて本気で好きになった”のが小学生というだけでも驚きですが、
“真夏の夜に”というシチュエーションも、まるで大人のようです!

一方で、男性のウブさが見えてくるのは、「いまだ未経験」の割合。
男性15%、女性6%と、未経験値に微妙な差があります。

ちなみに、未経験を告白した男性のみなさんは、30代以上。

「全然キスしたことありません!(ホント)30年間で1度もありません」(30歳)

「ひいきのタレントがテレビでキスするのが最高にイヤでした」(43歳)

いつの日か、最高のファーストキスが体験できるよう願うばかりです。

最高のキスは、胸がドキドキする思いがけないキス★

今回アンケートに答えていただいた方には、
「最高なキスの思い出」についても聞いてみました。
そこに寄せられたコメントを見ると、
男性と女性で思い出のインプットの仕方に違いがあることが分かってきました。

女性は

「クリスマスに某展望台で、
周囲の目も気にせず夜景をバックにキスされたことです」(25歳)

「観覧車の最上になった瞬間」(32歳)

「メル友だった人と初めて会った日、
彼の部屋で言葉を交わさずキスだけで気持ちを確かめ合った」(33歳)

「憧れの人と星空の下で」(33歳)

と、ディテールを細かく表現しています。
シチュエーションによって気分が高揚することが伝わってきますね。

女性は感情がともなった思い出ほど、より鮮明に記憶されやすいといいます。
最高のキスを彼女の記憶に焼きつけたいときは、
感動を誘うようなムード作りを演出するといいでしょうね。

対する男性が振り返る「最高なキスの思い出」は、意外にも受け身のキスでした。

「告白する前に頼んだら、相手からキスしてくれた」(25歳)

「彼氏がいる子に寂しいからとキスされた」(28歳)

「はじめての受け身」(47歳)

いつも男らしさやリードすることばかりを求められている反動でしょうか。
積極的な女性とのキスが思い出深いようです。
ときには、女性のほうからくちびるを奪うなんていう大胆さも
新鮮でいいのかもしれませんね。

そして男女ともに最高のキスと称するのが、“思いがけない”キス。

「留学生仲間との合宿で夜にゲームをしていて、偶然キスしたこと」(35歳)

「車に乗り込み帰ろうとした私に、さっとフレンチキス」(27歳)

「バーで突然キスされた。くちびるの感触が忘れられず、数週間後つき合うことに」(37歳)

ドキドキする環境にいる2人は、
“恋愛ホルモン”のPEA(フェニール・エチル・アミン)が上昇することで恋に落ちやすくなるそうです。
それに、くちびるは体のなかでも指先の次に敏感な場所。
突然キスされたら、反応しちゃうのもわかる気がしますね。

また、これもホルモンの影響?と思えるエピソードが。

「スポーツ観戦をしていて、チームの勝利に喜んだ勢いでキス。
その後その子と付き合うことに」(38歳)

スポーツ観戦で興奮すると、ドーパミンというホルモンが分泌されるそうです。
ドーパミンは“快楽ホルモン”ともいわれますから、
交際に発展しやすい状況だったのかもしれませんね。

最後に、違った意味で“最高”なキスの思い出が寄せられたので紹介しましょう。

「夫婦2組で旅行中、相手の奥さんとどちらからともなくキス。
自分の口に口紅がついているのに気づかず、妻に見つかり大変だった」(50歳)

ずいぶんとスリリングなキスを体験したようですが、
あと先考えず自ら危険ゾーンに踏み込むのはホドホドに…!

こうして見ると、キスにも色々なときめき方があるんですね。
ファーストキスがまだの人も、「最高なキスの思い出」がない人も、
これらのドキドキするキスのパターンを参考にしてみてください♪

恋のビタミンでは貴方の「隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!