婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
恋愛婚活診断テスト

初デート、どこまでOK?

数字でわかる恋愛常識
このエントリーをはてなブックマークに追加
初デート、どこまでOK?

初デートでOKなのは、会話だけ?それともエッチまで?

今回のテーマは「デート」。
「ドキドキの初デートは、どこまでならOK?」
「デートの境界線って?」 「デートで行きたいお店とは?」…など、
アンケートから見えてきたみんなのデート観を公開します。
「デートとは○○だ」の名言・珍言もたくさん集まっていますよ~!

Q1 初デート、どこまでOK?

初デート、どこまでOK?

初デートでの許容範囲は、男性と女性とでは大きく差がでました。
男性で一番多かったのは「手をつなぐ」(34%)で、
以下「会話だけ」(25%)、「エッチする」(22%)、「キスする」(19%)となっています。
手をつないだり、セックスなど直接的なふれ合いを通して、
親密度を深めたいという、 男心
を感じます。

一方の女性は、一番多かったのが「会話だけ」(38%)、
以下「手をつなぐ」(34%)、「キスする」(23%)、「エッチする」(5%)という結果です。
「お互いを知るための糸口(女性・21歳)」、「お互いを知る機会(女性・27歳)」といったように、
初デートでは会話を楽しみながらコミュニケーションを図り、
もっと相手を知りたいと思っている傾向が大きい
ようです。

また、注目なのが「初デートでエッチする」についての、男女の意識の差です。
男性は22%、女性はわずか 5%という数字。
女性の5倍にあたる男性が「初デートでエッチまでOK」と思っているということです。
でも、見方を変えれば、
男性の5人に4人が「初デートでエッチは行きすぎ」と思っているということでもあります。
慎重派の男性の方が、断然多いということがわかりますね。

Q2 デートの境界線は?

デートの境界線?

続いて、デートの境界線について。
男女共にもっとも多かったのは、「2人っきりで出かければデート」でした。
ということは、ただの友だちだと思って一緒に出かけても、
相手はデートだと思っている可能性が高い
ということですね。
実はその友だち、あなたに好意を抱いているかも…!?
灯台下暗し、身近なところから恋がはじまるかもしれません。

一方、男女に差が表れたのが、
「週末にドライブ」(女性40%・男性20%)への意識です。
男性が思っている以上にドライブの効果は高いようですね。
女の子をドライブに誘ったら、予想以上に喜んでくれるかも…。
男性のみなさん、ぜひお試しを!

また、男女共に「ご飯に行くだけではデートにはならない」という考えが、圧倒的に多い模様。
デートとして食事に誘うのであれば、それなりの演出が必要のようです。
そのヒントとなりそうなのが次の質問。

Q3 デートで行きたいお店といえば?

デートで行きたいお店といえば?

「夜景のキレイなお店」が一番票を集めたように、デートでのお店選びに困ったら、
“夜景”にポイントを絞ってセレクト
してみてはいかがでしょう?

つぎに人気なのが「なじみの居酒屋でまったり」。
自然体で飾らない時間を、2人で満喫したい人が多いようです。
夜景でロマンチックに、そして馴染みの場所でまったりと…
この落差を意識してデートをすると、お互い飽きることなく愛を育める
かもしれませんね。

Q4 2回目のデートで行きたいのは?

2回目のデートで行きたいのは?

もっとも多いのが、「映画・美術鑑賞」(男性31%・女性44%)。
相手をより理解するためにも、無難なセレクトだと思います。
映画館なら自然に隣り合わせに座れますし、
美術館は目の前の作品をネタにすれば話題に尽きないでしょう。
なにより、どちらも入場料が安い!
もしかしたら、相手に必要以上に気をつかわなくて済むから…という気持ちの表れかも!?

また「相手の部屋」は、さすがに2回目のデートで行くには早過ぎるという意識が高いようですね。
とくに女性は抵抗があるようです。
誰にも邪魔されずラブラブしたい! と思うより、
まずはお互いの距離感を大切にして、関係を温めたいという思いが先立つのかもしれません。

デートとは「お互いを知るため」であり「判断材料」!?

「デートとは○○だ」への一言アンケートには、
今回も非常にたくさんのコメントが集まっています。
まずは女性のコメントから…。

デートとは「男の見せ場」(33歳)

デートとは「追い詰める手段の一つ」(36歳)

デートとは「楽しませてほしい」(19歳)

デートとは「男を判断する材料」(21歳)

う~ん。男性にプレッシャーを感じさせる「女の本音」がズバリ表れたコメントばかり。
男性は、知りたくない世界を見てしまったような気分になったのではないでしょうか?

では、一方の男性のコメントも見てみましょう。
きっと、そんなプレッシャーを跳ねのける、力強いコメントが寄せられているはずです。

デートとは「会うではなく、逢うもの」(24歳)

デートとは「胸騒ぎの放課後」(36歳)

デートとは「遠い日の花火」(38歳)

プレッシャーどころか、目を細めて遠い明日を眺めて言いそうなコメントが!
ロマンチックではありますが、女性に翻弄されてしまいそうな…。

いやいや、ほかのコメントを見てみましょう。きっと、女性陣を圧倒させるコメントがあるはずです。

デートとは「バルサミコ酢」(30歳)

デートとは「前戯」(45歳)

もうフォローしきれません!
でも、十人十色の考えがあっておもしろいですね。

最後に、みんなをデート気分にさせちゃうコメントを紹介しましょう。

デートとは「幸せのひととき」(男性・22歳)

デートとは「ときめき」(女性・29歳)

デートとは「癒し」(女性・32歳)

デートとは「幸せな時間」(女性・31歳)

デートとは「きらきらした時間」(女性・31歳)

「好きな人と一緒にいられるだけで幸せ!」という想いと、ピュアな愛情を感じませんか?
やっぱりデートって素敵なもの! と思わせてくれますね。

恋のビタミンでは貴方の「隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
無料恋愛婚活診断テスト
コスメニストレポーター募集

人気記事

facebook更新中!